作成者/管理人   2018年4月上旬実行
小川沢峠〜大滝山〜白鬚山



小川沢峠、大滝山、白鬚山と周回してきた。
メジャーどころが1つもないので場所が分かり辛いが石裂山と横根山の間になる。
このエリアには去年の晩秋から数回、通っているが主要尾根だけでもまだまだ歩き切れていなかった。
今回のコースを歩いてみて意外にアップダウンが深く時間がかかる事が分かった。
当初は今シーズン中に攻略するつもりだったが日程的に全然無理そうである。(苦笑)

ルート/駐車地⇒荒井川を渡って取り付く⇒小川沢峠⇒大滝山⇒前日光林道出合(869m標高点)⇒大滝山⇒白鬚山⇒小川沢林道出合⇒駐車地



 



ちょっと離れた所に車を停め、取り付きポイントへ向かう。
この付近、数軒の民家や店舗があるのだが実際住んでいるのは商売関係者だけのようだった。


戻りは右側の舗装林道から出てくる事になる。


多分、舗装林道は冬季閉鎖なのだろうが既に4月なので解除されていた。


ここから取り付く。
その前に。


川を渡る。
川幅は狭く足を余裕で載せられる石もあって楽勝だった。


最初は尾根型が不明瞭だった。
どこでも歩ける状態で倒木を避けながら適当に進路を取った。


勾配が出てくると尾根型が明瞭になってくる。


急に明るくなったと思ったらダートの林道に飛び出した。
この林道、地形図には出ていなかったがグーグルマップには載っている。
続きは正面へそのまま取り付いた。


林道からは、この後、歩く尾根の1部が見えていた。


林道の先も植林地なのだが序盤より明るい場所が多かった。
最近とまでは行かないが1年以内に手入れしたと思われる。
なので先程の林道は現役の可能性が高い。


林業用のモノレールの線路である。
この後は、これに沿って進む。


モノレールの線路の右側は伐採地だった。
これから歩く尾根が殆ど見えていた。


主稜線が近づいてきた。
多少であるがショートカット出来そうだったので。


左へトラバースした。


ここで主稜線に接続する。
少し下った所が。


小川沢峠だった。
両側植林なんだが左側だけ鹿避けのネットが巻いていた。
左右の持ち主が違うものと思われる。


標識が辛うじて残っていたが石裂山の案内しか見当たらなかった。


峠の北側を撮影。
こちら側は十分歩けそうだった。


こちらが南側になる。
角度的に北側より勾配があって歩くのが大変そうだった。
地形図だとこちらには破線が入っている。


小川沢峠から本格的に主稜線歩きが始まる。
最初は先程のモノレールの線路にほぼ沿って歩く。


北側から上がってくる別の線路を発見した。(進行方向逆向きに撮影)
位置確認を怠ったが地形図に出ている破線の近くを通っているのかも?


そうそう、モノレールの線路が気になったので家へ帰ってから調べると岡山県の会社が作っているものだった。
500キロの重量まで耐えられる強度があるそうだ。


小川沢峠から地形図上の最初の少ピークに到達した。
あまり意識していなかったがこの辺りでモノレールの線路は見えなくなっていた。


右下に舗装路(横根林道)が見えてきた。
この舗装路、前日光林道まで完抜けなんだが通行止めになっていた。


右方向が開け、正面が切通になった。
下り口を探すと。


左側に踏み跡が見えたのでそちらから下りた。
ただしスンナリと下りられる角度では、なかった。


ここで舗装路に接続する。
これは3枚上の舗装路の先の部分になる。


切り通しを撮影。
その向こう側に。


駐車スペースが存在した。
車が来る事は考え難いので。


おやつ&小休止。


休憩ポイント付近からの景色になる。
右側の三角形の山が目立っていたが後半登る白鬚山だった。


舗装路の先は少し西へ行った所から取り付いた。
画像には写ってないが下側に段差があって多少であるがよじ登る感じになる。


無事、尾根上に復帰する。


この辺りから急に勾配がキツくなる。
ただし濃い踏み跡が付いていたのでそれに従えば苦労する事がなかった。


大滝山の2つ手前の少ピーク辺りでそれを特定出来るようになる。
前日光林道手前だと大滝山が最高峰だった。


大滝山の1つ手前の少ピークに到達した。
手前にも露岩が目に付いたがこの直ぐ先にも数ヶ所、岩場が存在する。


先ずは、この岩場になる。
画像中央やや左に隙間があるがここでは、なく右の木の向こう側から通過した。
難易度的には全然大した事ないが一応載せておこう。


この下が中盤の核心部と言うかここを通過している先人の方々が必ず掲載している場所になる。
運がいいのか悪いのかこの時、カモシカが真下から私を見上げていた。
画像を撮るべきだったがそんな気分には、なれなかった。(苦笑)
そうこうしてる内にどっかへ消えてしまった。


これが核心部を上から眺めた画像で。


こちらが下からの画像になる。
お助けロープを使って下りたがなくても下りられたかな。
ただ、リスクを無くしたければ使うべきである。(10m推奨}


核心部の先から5、60m高度を上げて大滝山に到着である。
頂上付近は結構枝藪があって長居するような場所では、なかった。
適当な所にザックをデポして去年横根山に登った時の終点へ向かう。


大滝山から7、80m高度を下げ上り返す。
ここまで藪っぽかったがこの先は藪が気になるような事がなかった。


中途半端な場所に祠が置かれていた。
胴体が壊れてるのか土に潜ってしまったのか屋根位しか見えなかった。


最初の少ピークに到達した。
ここを過ぎると。


横根山が見えてくる。
ただしこの付近からしか見えなかった。


最後の少ピークを過ぎると尾根が広くなる。
路面も適度に柔らかく凄く歩き易かった。


古い感じの作業道が出てきた。
路面状況は良く、出口まで続いていた。


アスファルトが見えてきて去年横根山に登った時の終点に到着である。


※オンマウスで2017年11月の画像
戻りはショートカットをしようかと思ったが藪があったら厄介なので来た道を引き返した。


大滝山へ戻り北東方向へ進む。


大滝山からは、ややキツイ下りだった。
7、80m高度を下げると平地に近い場所があったので。


ランチにした。
この時点で1時半過きだった。


大滝山の次のピークに到達した。
画像の通り重機で均したような不自然な地形だった。


つ〜か、その先は作業道だった。
ただし最近使ってないようで所々荒れが目立っていた。


正面に形のいい山が見えてきた。
本日の最終目的地の白鬚山だった。


ここから作業道と別れ正面の尾根に取り付く。
一応、ロープが設置されていたがなくても容易に取り付く事が出来た。


伐採地だと思うが右方向の視界が開けた。
後から考えると後半で展望が良かったのは、ここだけだった。


ブリキ製だと思うが標識が付けられていた。
これは先人の方々のレポで数個ある事を知っていたが私は、これしか目にしなかった。


白鬚山に近づくと岩っぽい場所が数ヶ所存在した。
上の場所は無理すれば下りられそうだったが。


左に巻道があったのでそちらを通った。


地形図では、ここから白鬚山へ向けての最後の上りだった。
しかし、地形図に表されていない細かいアップダウンがあってスンナリとは白鬚山に近付けなかった。


右側が岩場になる。
結構勾配があったので左側の植林をジグザグに上って通過した。


また、岩場になった。
ここも画像で見るより急勾配で右側が落ちるとヤバそうな雰囲気で嫌な感じがしていた。
下を見ないようにして。


右から通過した。


白鬚山に到着した。
画像の通り祠が2つ置かれていた。
既に3時過ぎだったのでこの画像を撮っただけで下山に取り掛かる。


白鬚山の先は少し勾配がキツかった。
岩混じりだったのでコケないように慎重に下った。


868m標高点に到着した。
ここは尾根が左右に分かれていて間違い易いかも?
北東方向に進路を取るのが正解になる。


868m標高点の先は尾根が細くなる。


慎重に歩けば問題ないと思うが視覚的に恐ろしく、高い所が苦手な人間には辛い場所だった。(汗)


ここは嫌らしい感じの岩場で何処を通過していいか良く分からなかった。(通過してから撮影)


南側(進行方向右側)にキラキラ光る目印が見えたのでそちらから通過した。


2枚上の岩場の先から両側が植林となる。
雰囲気は悪くなるが白鬚山の手前から続いていた緊張感が殆どなくなる。


ガシガシ下って行くと正面が切り通しになる。
下り口を探すと。


右に濃い踏み跡と言うか道型があったのでこれを辿った。


なんの苦労もしないで舗装路に下り立つ。
この舗装路、最初方に出てきた舗装林道の先の部分になる。


後は舗装林道を使って駐車地へ戻った。








ジャスト9時間と中々歩き応えがあったかな。
当初は県道246号線側から小川沢峠に上り主稜線で前日光まで行き自転車で駐車地へ戻ろうと考えていた。
しかし、そうすると白鬚山方面のコース取りが難しくなりそうだったので直前にコース変更したのである。
やや長丁場になってしまったが今後のコース設定がやり易くなったと思う。
どちらにしてもそっち方面の歩きは来シーズン以降になるが。

歩行距離/16.3km|累積標高差/1509m
所要時間(休憩含)/9時間(7:30〜16:30)|出会った登山者/0人

カメラ/LUMIX DMC-GX1+LUMIX G 20mm/F1.7
GPS/Garmin GPSmap62s
Webサイト/山旅DIARY http://yamatabi-diary.com/



           Copyright (C) yamatabi-diary. All Rights Reserved