作成者/管理人   2020年11月上旬実行
清八山〜八丁山〜御坂山〜黒岳



私が微妙に行かない山域の富士山エリアに2日間をかけて進出してきた。
出来れば先月の半ばまでに来たかったが天気が安定しなかったので断念していた。
11月なので上の方の紅葉は殆ど終わっていて完全初冬の形相だった。
何も考えないず秋の格好で臨んだが寒さに耐えながらの登山となった。(苦笑)
1日目の本日は三ツ峠山の登山口(金ヶ窪登山口)を起点に300名山の黒岳まで縦走した。

ルート/駐車地(金ヶ窪登山口)⇒林道歩き⇒大幡八丁峠⇒清八山⇒八丁山⇒八丁峠⇒御坂峠⇒御坂山⇒旧御坂峠⇒黒岳⇒御坂トンネル分岐⇒駐輪地(御坂峠登山口)

歩行距離/12.5km|累積標高差/+1083m -1358m
所要時間(休憩含)/6時間30分(8:40〜15:10)|出会った登山者/2人
自転車走行距離/4.7km|累積標高差/+275m -0m

藪/なし
危険箇所/なし

カメラ/LUMIX DMC-GM1+LUMIX G 20mm/F1.7
GPS/Garmin GPSmap64s
Webサイト/山旅DIARY http://yamatabi-diary.com/



 



金ヶ窪登山口は平日と言うのに車が溢れていた。
さすが人気の三ツ峠山の登山口だけあるね。


入らなかったが立派なトイレが完備していた。


正確には、ここが三ツ峠山の登山口になる。
私は、そちらへ行かないで正面のゲートの向こう側へ進む。


序盤は未舗装の林道歩きになる。


4、50分で林道の終点に至る。
そこは尾根上で。


大幡八丁峠と言う場所だった。


大幡八丁峠から100m近く高度を上げた所に分岐があった。
進路は左なんだが正面へ進んだ。
この選択は大正解となる。


山の中としては場違いな鉄の柵が現れた。
これを下から見ると。


こうなっていた。
地形図には電波塔のマークに付いていたがそれらしきものは見当たらなかった。


岩場が出てきた。
ここは正面突破が正解だったが私は左に道があったのでそちらを通った。
多少であるがそちらは危ういルートになる。


岩場の上が清八山だった。
ここからの展望が今日1の眺めとなる。


(富士山)


(南アルプス)


(黒岳)


手前の分岐に戻り黒岳方面へ進む。
有志が付けた標識によると河口湖アルプスとなっていた。


細かいアップダウンを繰り返すとまた分岐が出てくる。
後で気付いた事だがここで大月市の土地を離れる。
今回のルート、4市町村の境界を通っていた。


八丁山に到着した。
標識等は付いていなかった。


高圧線の鉄塔が現れた。
この場所、ちょっとした展望地で。


富士山が見える場所なんだがこの通り雲の中だった。
30分位の内に急激に雲が増えたようで清八山に立ち寄らなかったら綺麗な富士山を拝めなかった事になる。


こちらが三ツ峠山になる。
山頂は見えていないと思ったが拡大するとギリギリ見えていた。


これがこの後、歩く尾根になる。


鉄塔の足元が八丁峠だった。


河口湖が見えてきた。


更に進むと河口湖大橋である。
その向こうに見える街に今回の宿泊施設がある。


御坂峠に到着した。
ここを左に行けば駐車地に容易に戻る事が出来る。


自然林の気持ちのいい尾根が続いていたが相変わらず細かいアップダウンが多かった。
休憩するタイミングを逃していたのでかなり疲れが溜まっていた。


御坂峠から30分程で御坂山に到着である。
ここでやっと休息と言うか。


ランチにした。
20分位しか居なかったが体が冷えてしまいコンロを持ってこなかった事を後悔する。(汗)


目に付く大木が登山道上に存在した。
多分、名前は付いていないと思う。


また、高圧線の鉄塔が立っていた。
地形図で確認すると先程なやつとは別路線になる。


鉄塔付近からの景色になる。
河口湖大橋がこの角度になり大分移動して事を実感した。


高圧線は天竜南線と言う名前だった。
当たり前だが秩父辺りで見かけるた事のない路線名になる。


旧御坂峠に到着した。
古い小屋があったがもう何年も使ってないようで廃墟に近かった。
ここは両側に登山道があって左に下れば本日の駐輪地に直接行ける。


小屋の後には何かを祀っていた。
こちらは小綺麗で信仰する人が居るように見えた。


この辺りから黒岳へ向けてと言うか本日最後の上りが始まる。


軽度の岩場が出てきた。
ロープとかは設置されていなかったので手がかり足がかりを確かめながらゆっくり上がる。


最終目的地の黒岳に到着した。
御坂山と同様で展望のない広めな山頂だった。


三角点は明らかに大きかったので一目で1等と理解した。
誰の仕業か分からないが赤く塗られていた。


黒岳には建物の残骸が存在した。
東屋にしては大きいので避難小屋だろうか?


続きは展望台方面へ。


展望台からの景色は、こちらになる。
分かっていたが富士山が見えない残念な景色だった。


展望台で一服したのち本格的な下山が開始となる。
それから去年買った登山用のイスが組み付けられなくなりお役御免となった。(泣)


下山ルートは急斜面が多かった。
ロープが設置されている所もあってが数は少なかった。


1箇所展望地があった。
上の展望台は山と高原地図に情報が載っていたがここは載っていない。


1番気を使った場所がここになる。(通過してから撮影)
ロープが切れかかっていた事もあって必要以上に慎重に下る。


最後の分岐になる。
ここからは東に向きを変えて沢を目指す。


大きく切ったルートになった。
この辺りで膝が痛みを感じるようになる。(汗)


ここから沢に沿って歩く。
地形図によると板取沢と言う沢だった。


右岸左岸を数回移動しながら下る。
不明瞭な所もあったがピンクの目印を頼りに進路を取った。


植林が出てきた。
そろそろ作業道に近いルートになるのかと期待したが最後まで歩き難い山道だった。


車の音が聞こえてくると終わりが近い事になる。


旧御坂峠からのルートと交わると。


出口は目の前だった。
正面に見える空き地が登山者用の駐車場になる。
朝、自転車をデポした時は満車状態だったが綺麗サッパリ消えていた。
           Copyright (C) yamatabi-diary. All Rights Reserved