作成者/管理人   2020年1月上旬実行
鬼穴〜大滝根山〜高塚山



私に取っての未知の山域である、あぶくま山地まで足を伸ばしてきた。
こちらへ来るまでなんとなくしか認識していなかったが標高が極端に高い山が存在せず本日登った大滝根山があぶくま山地の最高峰(標高1192m)となる。
多分、関東からわざわざ訪れる登山者は少数で300名山ハンター位じゃないかな?
私が大滝根山を知ったのは去年放送したグレートトラバース3だからまだ1年も経っていない。
特に印象に残った山では、ないが正月休みを使って来るのに程良い距離だった。

ルート/駐車地⇒舗装路移動⇒旧あぶくま高原ホテル⇒賽の河原の分岐⇒大滝根山⇒ペラペラ石⇒高塚山⇒ブナ平⇒駐車地

歩行距離/11km|累積標高差/861m
所要時間(休憩含)/5時間40分(8:30〜14:10)|出会った登山者/2人

藪/なし
危険箇所/なし

カメラ/LUMIX DMC-GM1+LUMIX G 20mm/F1.7
GPS/Garmin FORETREX601
Webサイト/山旅DIARY http://yamatabi-diary.com/



 



下山ルートの出口(仙台平登山口)にある駐車スペースに車を置きもう一方の登山口に向かう。


案内は見当たらないがここを右折する。
意外にも駐車地からここまで殆ど下りでこの先は上り勾配となる。


上の方は薄っすら雪がかぶっていた。
凄く寒々しいと言うかこの時点でかなり気温が低かった。


ちょっとしたスペースがあった。
ヤマレコなんかの情報だとここが駐車地となっている。
正面に見える建物は廃墟で左側には。


健康ランドである。
こちらも廃墟になる。


直ぐ先には協会が存在した。
これも廃墟で夜とかは相当不気味だろうね。


廃墟群の先から砂利道になる。
画像では分かり辛いかも知らないが綺麗な路面で明らかに整備されていた。


ここで正面、右とルートが分かれる。


近くにあった案内によると右に行くと渓谷があるようだ。
標識には登山口の名前も書いてあって廃墟群付近が大越登山口で駐車地付近が仙台平登山口となっていた。


細い沢を渡ると登山道は右に旋回していた。


石碑と石仏が現れた。


ここは下りに使うルートへ至る連絡路が伸びていた。
ヤマレコの情報だと賽の河原分岐だそうだ。


賽の河原分岐の先から沢に沿ったルートだった。
所々不明瞭で沢の中を歩く場面もあった。
足を濡らすと厄介なので必要以上に気を使いながら歩いた。


また、石仏である。
この先で尾根に取り付く事になる。


尾根に取り付くとロープや鎖がいくつか設置していた。


頂上が近付くと雪が積もっていた。
積雪量は大した事がなかったが下が凍ってて凄く歩き難かった。
下りのルートもこれと同じ状態ならヤバいと思っいた。


殆ど勾配がなくなってきた。
スマホを出して位置を確認すると頂上まで至近距離だった。


頂上の直ぐ手前に至った。
頂上へ行く前に梵天岩の案内に従った。


ちとルートが分かり辛かったが梵天岩に辿り着いた。


ハシゴで岩に登れるようになっていたが凍っていて危険なのでやめといた。


引き返して頂上の方へ進む。
上の画像の通り鳥居があってその先は。


大きめな祠が存在した。
ここで2020年の初詣を済ませた。^^


頂上は1段高い場所で自衛隊の敷地内だった。
なので事前連絡が必要でこれ以上、三角点に近付けなかった。
これはグレートトラバースを観て承知していた。
現実問題、正月そうそう対応してもらうのは厳しいだろうけど。


次はペラペラ石を目指す。


最初は下りに使う尾根の方へ進む。
ここで下りに使う尾根と別れ左にトラバースする。


トラバース道は見晴らしが素晴らしかった。
眺められる範囲は本日のルート上で1番広い。


ここでトラバース道は終わりとなる。
丁度、自衛隊のレーダー基地が見えていた。


石ポッケ方面との分岐になる。
石ポッケ方面の登山道は大滝根山へのサブルートのようなものでこちらを歩くか迷ったが西側のルートを選択した。
この先は雪のせいでルートが少し不明瞭だった。


広めな場所に飛び出した。
この場所、高塚山方面との分岐に当たる。


ペラペラ石に到着した。
大滝根山でも会ったが2人組の登山者が居たのでこの画像を写して来た道を引き返した。


手前の分岐に戻り高塚山方面へ進む。
標識は高塚山では、なくキャンプ場となっていたが。


何箇所か分岐があったがキャンプ場の案内に従う。


建物と言うかキャンプ場の管理棟が見えてきた。
当たり前だが冬季閉鎖だった。


管理棟の向こう側が高塚山の登山口になる。


標高差は40m程なので10分もかからないで高塚山に到着である。
地形図は高塚山となっているが標識には高塚ボッチと書かれていた。


東側が開けていて太平洋まで見通しがあった。
何処が何処だか全然分からないが適当に画像を写して高塚山を下りた。
第一原発は、どの辺りなのだろうか?


管理棟のテーブルを使って。


ランチにした。
テーブルが凍っていただけあって凄く寒く湯沸かしセットがなかったら震え上がってただろうな。


戻りは尾根上のルートを進む。
往きのルートより道幅が狭く登山者が少ない感じだった。


小ピークには東屋が存在した。
この場所、ペラペラ石とほぼ同じ標高だった。


往きに使ったルート接続して来た道を引き返す。


大滝根山直下まで戻ってきた。
ここから本格的に下山が始まる。


登山道は尾根上を通っていた。
懸念していた積雪も殆どなく滑り止めを直ぐ取り出せるようにしてあったが全く出番がなかった。


賽の河原方面との分岐になる。
下山を始めて5分程の高い位置にあった。


途中、尾根は細くなる。
右側の谷が深かったので左よりに歩いた。


鎖場やハシゴが現れた。
大した角度では、なかったが風の通り道で居心地の悪い場所だった。


平地に近い地形になってきた。
ブナ平と言う定番中の定番な名前が付いていた。


終盤に差し掛かると地形が複雑になってくる。


沢が現れた。
そうすると勾配が極端に緩くなる。


2、3回沢を横断する。


仙台平登山口に戻ってきた。
寒かった上の方と違い気温が高い事を体感していた。


近くにある案内には仙台平登山口と書かれていなかった。
因みにヤマレコでは鬼穴登山口となっている。
           Copyright (C) yamatabi-diary. All Rights Reserved