作成者/管理人   2018年1月上旬実行
竜ヶ鼻〜笠山表参道コース〜七重峠



3回目だか4回目になるが小川町と東秩父村の境に聳える笠山に登ってきた。
今回は、へんてこなコース取りをしている。
何時もみたいに尾根通しでは、なく途中で尾根を離脱して全然違うコース(表参道コース)に無理やり移動した。
そのせいもあって累計標高差が1300m越え(上り)となった。
因みに笠山は標高が840m弱の低山になる。

ルート/駐車地⇒尾根取付⇒411m標高点⇒物見山⇒竜ヶ鼻⇒小川町東秩父村の境界尾根を横断⇒笠山神社下社⇒笠山⇒七重峠⇒長い林道歩き⇒白石峠⇒駐輪地



 



本日の取り付きポイントは珍しく駐車地から2、300mと近距離だった。
その短い移動距離の間に今は亡き観音山付近の掘削現場が確認出来た。
ここは本日歩いたルート上の要所要所で何回も目にする事になる。


右側の斜面から取り付く。


林業関係者のものだと思うが沢山踏み跡が付いていた。
ただし仕事道のようなものは存在しなかった。


最初は、やや急勾配だったが尾根に乗ると一旦勾配は緩む。


しかし、また急勾配となり露岩混じりになる。


辺りを見回すと左に向かう踏み跡を発見したのでそれを追った。


急勾配を上り切ると平地に近い状態になる。
これ以降は極端な急勾配は存在しなかった。


急に辺りが明るくなり鉄塔の脇に飛び出す。
この先は当分巡視路歩きになるのかと思ったが直ぐに巡視路を離脱する事になる。
鉄塔付近は当たり前だが見晴らしが良く近くの山々を見渡せた。



(登谷山方面)


(タカハタ方面)


(小川町の仙元山方面)


最初の地形図上のピーク(360m級)に到着した。
この場所、細長いピークで山頂と言う雰囲気では、なかった。


360m級のピークを少し下った所で舗装路に突き当たる。
ここは入口(出口)のようになっていたが逆側は、そのような所が見当たらなかった。


しょうがないので踏み跡と斜面の角度と相談して適当に取り付いた。


直ぐに大岩が現れた。
簡単に巻けたが少し藪がうるさかった。


右に植林が出てくると極端に歩き易くなる。


仕事道だかトレランコースのようなルートに突き当たる。
このルート、尾根の側面を通る感じだったのでこちらへは行かずに。


尾根上を進む。
最初、ルートがなかったが上の方に行くと道が出てきてそれを辿る事となった。


411m標高点に到着した。
植林に囲まれ展望は無いに等しかった。
山名板の類を探すが何も付いていなかった。



また、舗装路が出てしまう。
これも先程の舗装路と同じものでこの後も複数回現れる。


舗装路は100mも歩かないで再び山へと入る。
この先は山と高原地図では破線ルートとなっていた。


最初の方に書いたが元観音山になる。
この時点で同じ位の高さになっていた。


この付近のピーク(460m級)に到着した。
山と高原地図では物見山と言う名前だった。


物見山を下りて行くとまた舗装路である。
ここは正面にルートが続いていて舗装路を横断する形となる。
一応、この先から一般道のようだが手前のルートとの差は殆ど感じられなかった。
トレランコースの案内は見たがちゃんとした標識は全く見掛けなかった。


ようやく笠山が見えてきた。
この場所から標高差は400m位だったが上り下りが多く余計な事をしたのでその倍近く上らないと辿り着けなかった。


ルートが2方向に分かれていた。
私は尾根上の左のルートを選択したが右は何処へ向かうのか検討が付かなかった。


ここでピークとなった。
てっきり頂上なのかと思い。


おやつ&小休止。
休憩中、スマホで地図を見ていると少し先に三角点があるのに気付く。
当然、そちらへ向かう。


5分もかからないで493.8m三角点に到着である。
結果的に先程の休憩ポイントよりこちらの方が休憩に適していたかな。
この場所、山と高原地図によると竜ヶ鼻と言う名称だった。


休憩ポイントへ戻り先へ進む。


休憩ポイントの先は、かなりの急勾配だっが危険を感じるような事は全くなかった。


急勾配を下り切り下ってきた所を撮影。
地形図通りゴッツイ岩場が存在したが下ってる最中は不思議と目に入らなかった。


ここでトレランコースに突き当たる。
方向的に左へ行けば先程、訪れた竜ヶ鼻に至るのかな?


舗装路が見えてきて一般道は終りとなる。
つ〜か、どこまでが一般道だったのだろうか?


舗装路の先は上の画像の所から取り付いた。
広範囲を確認してないがここ位しかマトモに歩けそうな場所が存在しなかった。


左側に仕事道みたいなものがあったのでそれを辿る。
地形図を確認すると左に行った方が勾配が緩まるので都合が良かった。


ここで左から来る尾根の上に乗る。
私は、ここから境界尾根だと少しの間、勘違いしていた。


舗装路から150mちょっと高度を上げて境界尾根と交わった。
後は笠山まで境界尾根を辿るつもりだったがルート変更する事にした。
境界尾根は1度歩いているので面白味がないと判断したのである。
で、新たに考えたルートが表参道だった。


表参道の入口へ向かうには境界尾根の逆側へ下りなければならなかった。
尾根の逆側(南側)を覗くと下りるのには厳しい角度だった。


地形図で判断すると少し笠山に行った方が良さそうだった。


尾根の南側を見ながら笠山方面へ進む。
すると100mも行かない所に下りられそうな斜面を発見した。
結構踏み跡も付いていたのでそこから降下する。


直ぐに尾根型が明瞭になってくる。
多少藪があったが避けて歩ける程度で不快な思いは、しなかった。


作業道の上に乗った。
これで出口まで行けるのかと思ったが途中で消失してしまう。


下界が近づくと勾配が緩くなる。


右側に舗装林道が現れた。
少し先でこれに下り左方向(下)に進んだがどちらへ行っても良かったようだ。(山と高原地図に載っているルートだった)


別の舗装林道に突き当たり右へ進む。


舗装林道を2、300m進むと鳥居と駐車場が見えてくる。
この場所が笠山表参道の入口になる。


鳥居を潜って改めて笠山への登山開始である。
少しの間、作業道のようなルートだった。


登山道は左右に分かれる。
笠山は左方向なんだが右側には。


神社が存在した。
これは笠山神社の下社になる。
ここをそのまま正面に行けば最初に出合った舗装林道に至るもよう。


ここから作業道レベルのルートと別れ完全に登山道となる。


登山道も良く整備されていて凄く歩き易かった。
この直後、単独行の方と擦れ違う。
ほぼ間違いなく登山口に停まっていた軽自動車の持ち主になる。


この辺りから勾配がキツくなる。


ある程度、高度を稼ぐと下界が見えてくる。
と同時に風の影響が出てきてしまう。(汗)


全然大した角度では、ないがロープが張られていた。
下りだったとしても雪でも無い限り必要性は、ないかな。


最後の最後で階段が出てくる。
巻道も存在するので冬場の下りなどは、そちらを通った方が安心だと思う。


上社?が見えてきて笠山に到着である。
数回来ているので参拝&山頂からの景色を一通り眺めて早々に正面へ下って行く。


直ぐ先の標識の所まで下りてくる。
意外に風の影響がなかったので。


ランチにした。


ランチ後は堂山方面へ進む。
このルートは数年前にMTBを押して上がった事があった。


場所によっては少しだけだが急勾配だった。
良くこんな場所をMTBと一緒に上ったものである。
今だったら間違っても行わない行為になる。^^


ここで未舗装の林道に接続するが。


直ぐに登山道へ逆戻りする。


左方向が開け先程まで居た笠山が見えてくる。
本日、笠山がクリアーに望めるポイントが少なく障害物なしで見える場所は、この付近だけだった。


登山道は谷筋の方へ向かっていた。
そちらへ進んでしまうと七重峠から離れてしまうので。


左にある林道に出てしまう。
その目の前が。


七重峠だった。


七重峠からは白石峠まで林道歩きになる。
最初は舗装路で。


途中から未舗装路に入る。
この林道、1度だけバイクで走った事があるがその時は草ぼうぼうでバイクが走るのがやっとの状態だった。
当日は4輪でも走行可能なレベルまでに整備されていた。


東屋が目に入ってきて白石峠に到着である。
白石峠の標識の画像をカメラに収めたかったが人が居たので。


そのまま登山道に接続して下山に取り掛かった。


少し下った所に首のない石仏が置かれていた。
年代は分からないがそれなりに古いものなのだろう。


大分上の方から水音がしていたが左下に沢が現れた。
地形図で確認すると槻川の源流のようだ。


全然知らなかったが白石峠からのルートは関東ふれあいの道だった。
関東ふれあいの道だからかは分からないが沢筋のルートにしては凄く歩き易かった。


登山道は作業道みたいになった
軽トラとかなら問題なくここまで入ってこられそうだった。


更に進むと路面が簡易舗装になる。
1枚上の場所の直ぐの所で簡易舗装になったが堆積物が多く分かり難かった。


自転車と車道が見えてきて本日の登山は終わりとなる。








後半の林道歩きは無駄だったと言うか完全にコース設定ミスになる。
当初の予定では堂平山にも登ろうと思っていた。
良く良く考えると七重峠、堂平山間は3年前に歩いていてもう1度登る必要性がなかったのだ。
それを途中で気付き急遽ルート変更したのである。
改めてルートを組み直すとしたら七重峠から谷筋の一般道で下り車が入れるギリギリの所に自転車をデポすればベストなコース設定だったと思う。

歩行距離/12.3km|累積標高差/+1302m -961m
所要時間(休憩含)/6時間(8:40〜14:40)|出会った登山者/1人
自転車走行距離/9.7km|累積標高差/+7m -348m

カメラ/LUMIX DMC-GX1+LUMIX G 20mm/F1.7
GPS/Garmin GPSmap62s
Webサイト/山旅DIARY http://yamatabi-diary.com/



           Copyright (C) yamatabi-diary. All Rights Reserved